//
表示中
思うこと

復興に向けての私見、再構成

これはFaceBookにも記載した独り言です。

あまりの激甚災害ですから、せめて最低限のライフライン(電気ガス水道)の復旧資金調達に向けの時限立法による税制措置として

①全国一律で電気、ガス、水道、通信の各料金に5〜10%程度の範囲で課税、もしくは復興資金として毎月の請求に200円ずつを付加する

以上を被害地域のライフラインの電気、ガス、水道、通信で各々徴収した資金で復旧資金として充当する。

また

②高速道路料金も通常料金に戻し、同様措置をとって5〜10%程度、復興資金のみに使用する事として道路整備、港などの社会資本復旧整備に充てる。当然鉄道も料金に一律10円程度付加し、それを鉄道復興に充てる。

何れも民間企業である場合、無利子無担保で向こう10年間のサービス存続を条件として融資する、等。

徴税実務に関する負担も当然あるモノの、これで広く浅くの概念を入れることで国難に対して一致団結して克服したいな、と。

まぁこれも思い付きだけど、こういったアイデアと広く薄く皆で負担という様な復興の方針にしないと、そもそも国家財政は破綻寸前で復興に耐え得る様な状況には無いと思われるし、時間を掛け過ぎると過疎地域は復興すら出来ず自治体自体の存続にすら懸念がでるとも思うのだが。

ましてこういう時限立法は今でないと成立見込みも薄くなるし・・・残念ながら人間熱しやすく冷めやすい。ということは国民のコンセンサスはドンドン取りづらい事になっていくのだ。

何だか全体主義だの共産主義だのと言われそうでドキドキだけど、一国民目線で、皆さんを何とか復興のスタートラインに戻して差し上げるような、そんな考え方もあって良いかなとは思うのです。偉そうに、なんて言われそうですけど。。。

こういう全体感からのビジョンあっても良いと思いませんか?

……さて、今の政府に甲斐性がアルヤナシヤ?

広告

ディスカッション

復興に向けての私見、再構成」への2件のフィードバック

  1. 何かできる事はないか?
    微力であっても力になりたい!
    そういう人の善意を逆手に取って楽しむ輩のチェーンメールがウチにも来ました
    (メールを送ってきた友人は本気で役に立てると信じているのに・・・)
    呆れる程腹は立つけど、そんなもんで人の心は萎えませんよね

    原発事故でも「被曝」と「被爆」の違いが分からずいたずらに不安を煽っているような気がします
    正しい情報を正確に発信できていないのがはがゆいですね

    投稿者: キュウ | 2011年3月14日, 11:50 pm
    • そうです、ここでそういう愉快犯に付き合うだけバカみますから、チェーンメールは真実を反証して逆送させています、コレはこういう理由で嘘ですよ、皆さんが犯人にならないように送り主に戻してあげましょうって。
      何時か鉄槌、喰らわせたいですが。
      いずれにしても僕らに出来る事は専門家の邪魔をせず、何時か役に立てる時まで準備をするしかないでしょうね。
      http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%AC%AC%E4%BA%8C%E3%81%AE%E7%81%BD%E5%AE%B3
      こんな例もありますから。
      でも、きっとその時は来ると思っていますから。

      投稿者: chikapapa | 2011年3月14日, 11:55 pm

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中

投稿者

アーカイブ

2011年3月
« 2月   4月 »
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031  
ななのにじいろ

ナナアート・にじいななのいろいろ記

波まかせ

ふじたプロの人生波まかせ

風と雲とバイクと・・・

蓋然性と偶然性との交差点

ふら散歩

しょーもないネタばかりですので心してお読みください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。